研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】

従業員満足度の調査

パソコン操作

調査の準備と申込み方法

会社経営の今後を考えると優秀な人材の育成、確保はどこの企業でも課題となっています。社員教育を施し、これからというときに離職という人材流出は赤字よりも多大な損失ですね。その問題を解決するには、どうしたらよいのでしょうか。それは社員満足度をあげることです。社員満足度調査をすることが、なぜ人材育成や人材流出の対策となるのでしょうか。それは人材が社外に流出することを考えれば解るように、会社に対する満足度が足りないからです。会社に対する不満があれば、事業の生産性はその分低下し、組織の結束も損なわれます。そのため、社員満足度調査は企業にとって将来を左右する事項なのです。では、どうすれば従業員の満足度を上げられるのでしょうか。またそのために企業はどう準備すべきなのでしょうか。社員満足度を知るにはまず、従業員の本音を知る必要があります。そのためにはアンケートなどを通じ、会社に対する要望や不満を聞き取る必要があります。しかし、どうでしょうか、自社で実施しても社員の本音はみえてくるでしょうか。会社の上司や役員に対して、なかなか本音は言えないものなのではないでしょうか。だからといってこのままでは企業の発展はむずかしいままです。それならば、外部の専門機関に依頼してはどうでしょうか。アンケートの準備から実施、収集したデータの分析から対策までを専門機関に頼むのです。社員満足度調査はネットから申し込む方法があります。依頼先はリサーチ会社や社会保険労務士などが行っていて、費用も安価なところが多いです。自社で準備して社員満足度調査をするよりも、かかる人件費や分析コストを抑えられます。専門機関に準備と調査を依頼することが、公平な立場での対策が立てやすいのです。その結果による社内制度の改革やサポートが社員の満足度を上げることになるのです。

Copyright© 2018 研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】 All Rights Reserved.