研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】

退職率を減らす

オフィス

社員が満足する会社

会社にとって社員は、大切な資産になります。会社に対する満足度が上がれば、社員の退職率を下げることが出来ます。社員が会社の何処に満足をしていて、何に不満を持っているのかを知る必要があります。会社に対する満足度を知るための手法の一つに、社員満足度調査の実施があります。社員満足度調査をおこなうことにより、会社の持っている課題が浮き彫りにされます。そして、課題に対する分析をおこない、施策を立案して実施する必要があります。施策を実施後、再度、社員満足度調査をおこない実施した施策の効果測定をおこないます。これを、繰り返すことによって社員が満足をする会社になっていきます。社員満足度調査結果の中に、会社の業績を延ばすヒントが隠れている場合があります。例えば、社員満足度調査結果に社員研修制度が不足しているという結果が出た場合、社員の向上心の表れでもおります。何の研修が不足しているのか、社員と一緒になって掘り下げて行くことが重要です。研修内容も、社員の業務内容や保持しているスキルなどによっても違って来ています。具体的に、どの様な研修をおこなうことによって、社員のスキルがアップして、更に会社の業績もアップすることが出来るのか、社員と一緒になって考え実行することが出来ます。社員満足度調査の結果から、浮き彫りになった課題を解決していくことにより、会社も社員も成長をしていくことが出来ます。そして、社員満足度の高い会社になることにより、大切な社員の定着率をアップさせることができます。

Copyright© 2018 研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】 All Rights Reserved.