防御

標的型攻撃に対応するメールサービスを利用する

標的型攻撃の怖いところは回避する事が難しい事です。攻撃を続ける人間が諦めるまで防御を止める事は許されません。そして標的型攻撃のストップのタイミングは、攻撃を受けている物には分からないのです。つまり断続的に標的型攻撃を続けられれば摩耗は避けられません。 それを回避するためには少しでも負担を減らす努力をする事です。例えば他社の管理するサーバーのメールサービスを利用すれば、責任問題を分散する事ができます。それを達成するためにもサービスを探す必要があります。 実際にメールサービスを探すためなら、インターネットの検索ページを使えば十分です。企業は自社の販売しているサービスを紹介しているため、ホームページを訪れるだけで詳細の内容を知る事ができます。

企業に所属している社員全員がサービス活用を望む

企業が受けた時のダメージが計り知れないと言われる標的型攻撃ですが、対策には出費が求められます。よってお金を支払ってまで対策を施す必要があるか経営陣が躊躇う動きがあると考えられがちです。しかしながら企業全体が攻撃対象になるので、経営陣にとっても他人事ではありません。下手をすれば自身の失敗によって情報漏洩に繋がる恐れがあります。 だから標的型攻撃を危惧しているのは企業に所属する社員全てという事です。全ての社員が標的型攻撃を恐れているため、対策となる商材は好意的に見られます。全ての企業に所属する人に導入を望まれているのが、標的型攻撃への対策サービスです。しかしサービスの質は玉石混淆と言えるので、選定作業は慎重に行う姿勢が取られています。

このエントリーをはてなブックマークに追加