研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】

色々なスタイルがある

マイク

王道の研修スタイル

新入社員研修というのは、あらゆる意味を持ちます。企業によって新入社員研修にかける期間は変わってきますが、大体が数週間で終わります。長いところだと数か月かかる場合もありますが、稀だと考えてください。新入社員研修には様々なスタイルがあり、業種によっても変わってきます。一般的な新入社員研修のスタイルは集合研修とOJT研修です。最初は集合研修で実際の業務からは少し離れてセミナーなどを聞くスタイルです。そこである程度の予備知識を習得したのち、OJT研修で実際の業務を行いながら教育訓練をします。この際に新入社員は実務的な知識と技術を理解していきます。また、そこまで多くはありませんがインターネットなどの電子媒体を利用して教育訓練をする企業もあります。場所や時間を選ばないので、予定を合わせる必要もなく手軽です。そして、こうした研修を行う意味というのは大きな部分で言えば、学生だった気持ちをしっかりと社会人としての意識にシフトチェンジするためです。また、ビジネスマナーやコミュニケーション能力の向上という意味も兼ねています。新卒採用がほとんどですし、学生から急に社会人として働きだすというのは意識として難しい場合も多いので、最初は研修から入るという企業が多いです。OJT研修では先輩社員とコミュニケーションをとりながら業務を覚えていくという社会性も培うことができます。いきなり業務をさせるよりも長い目で見て良い社員として成長してもらうために必要な時間だと考えてください。

Copyright© 2018 研修でビジネスマナーを教えよう【社員の戦力をアップ】 All Rights Reserved.